好待遇&高年収で働きたい
医師のためだけの

厳選求人サイト

最新ランキング

最終更新日:2023年1月30日

各社の公開求人&非公開求人例

  • 科目

    一般内科

  • 年収

    1,800万〜

  • 業務内容

    外来、病練管理

  • 特徴

    週4勤務
    当直なし

マイナビDOCTORで
詳しく探す
  • 科目

    美容外科

  • 年収

    2,200万~

  • 業務内容

    問診、手術

  • 特徴

    週4勤務
    当直なし
    救急指定なし

エムスリーで
詳しく探す
  • 科目

    精神科医

  • 年収

    1,400万~

  • 業務内容

    外来

  • 特徴

    週5勤務
    資格取得可
    (指定医師・その他専門医)

リクルートドクターで
詳しく探す
  • 科目

    小児科医

  • 年収

    1,200万~

  • 業務内容

    外来

  • 特徴

    日直のみ
    勤務時間短い

医師転職ドットコムで
詳しく探す

注目!

賢い医師の「転職成功セオリー」とは?

賢い医師は複数の転職サイトに登録し、複数の担当者と対話し、自分に合った非公開求人が紹介される状況を常に作っています。

今スグ転職の方だけでなく、「今はまだ情報収集だけでも…」という方も、1つの情報源・1人の担当者の意見に依存しないことで理想の求人に巡り合える確率が高まります。

失敗・後悔しないためには、最低3社の転職サイトに登録し、各社の求人を比較することが重要です
(登録はどれも無料でできますので、登録しないと損です)。

激動の2020年~2023年。
中長期的なキャリアを見直すためなのか、今年は年始から例年より多くの医師が、転職市場で活発に動いています。

他の医師たちと差をつけたい方は、なるべく早めに行動し、準備を進めておきましょう!

求人サイトに
複数登録しておくと、
求人情報に幅を
出すことができます。

複数サイトに登録すると自身に届く非公開求人を比較することができます。
各求人の年収や待遇面の情報から、自身の医師としての客観的な市場価値を理解しつつ、
将来選択するキャリアに幅が出る、というわけです。

中には好条件の求人を選択したことで下記のような結果になった方も。

高年収での転職を実現

Before

年収
1,200万円

After

年収
2,000万円

プライベートを充分に確保

Before

勤務時間
週5日
当直・残業あり

After

勤務時間
週4日
当直・残業なし

エムスリーキャリア

医師の登録実績10年連続NO.1。
転職した医師の満足度96%。
最も選ばれ続けている医師専門の求人サイト。

公式サイトはこちら

マイナビDOCTOR

希望の条件で年収アップを目指しやすい。
取引先医療機関は20,000以上で業界トップクラスの求人数。

公式サイトはこちら

リクルート
ドクターズキャリア

医師の転職サポート37年の実績。医師からの支持率83%。
リクルートだけの好条件の非公開求人を多数紹介。

公式サイトはこちら

なぜ、複数の医師求人サイト・複数の担当者とやりとりを推奨するのか?

人生は一度きり。転職という重要な意思決定を、限られた情報源だけで行ってしまうと…

  • 高年収求人に応募し即採用。いざ働くと当直の連勤、オンコールのストレスに悩まされ、結局1年も持たず退職…。
  • 選んだ病院が実は慢性的な人手不足で、希望していた科とは違う科へ配属に…。
  • 指定医療機関を選んだが、教育・指導制度に問題があり、指定医師にはなれなかった…。

このように転職した後に後悔する医師の方は少なくありません。

このページを
ご覧いただいている方は、
今日、たった2つの
ことだけを行ってください。

1

まずは希望にあった
求人サイトに2〜3社登録

まずは下記に厳選した医師専門の求人サイトリストから、希望に合わせた2-3社を選んで一気に登録しましょう。

同じような内容を各社に入力するので、同じ日に一気にやってしまったほうが楽なのです。

どのサイトも登録はもちろん無料です。

目的別失敗しない医師求人
サイトの選び方

今より年収を上げたい方

年収2,000万~3,000万円以上
好条件の求人が満載

はじめての転職で不安な方

利用者の満足度が
高い求人サイト

非常勤での転職をお考えの方

高時給・好条件
シフトに融通がきく

2

連絡を待ち、
「あること」を伝える

求人サイトに登録すると、必ず電話かメールで確認の連絡が入ります。

その際、必ず伝えてほしい内容があります。

POINT01

日々の連絡の手段とタイミング

参考例

「電話には出れないことが多く、日中は現場に集中したいので、メールで求人情報を送ってください」

POINT02

求人応募の検討理由や背景
(急いで求人に応募するかどうか)

参考例

「今すぐにではありませんが、半年以内にはいまよりいい条件の病院で働きたいです。」

POINT03

重視する条件を優先順位順に3つ

参考例

「エリアは絶対に東京のみ、給料は今より下がらなければOKですが、勤務負荷を今より下げたいです。」

簡潔に、このように伝えるだけで
コミュニケーションが楽になります。

 

医師業界の歪み・実態・迫り来る医師飽和の課題も把握して、
行動することが重要です。

鋭い医師の方であれば、すでにご存知かもしれませんが…
近年、医師と同じく高年収のイメージのある弁護士が飽和状態になり年収が年々低下しています。
(地方では年収600万をきる弁護士もザラです…)

実は医師業界でも、弁護士業界と近い状況が起こる予兆があります。

団塊世代の患者数減+医学部の急ピッチな増設など、医師過剰となり需給バランスが崩れる未来はそう遠くないのです。

加えて、政府にとって肥大化する医療費削減は急務であり、科目によっては診療報酬の低下圧力は今後ますます強くなります。

需要(患者数)と供給(医師数)の推移

需要(患者数)と供給(医師数)の推移

また、精神科・放射線科・形成外科・皮膚科・眼科は研修医からの人気も高く、中長期的に医師の数が過剰となることは容易に想像できます。

対して、内科・整形外科・泌尿器科・救急科・脳外科・リハビリテーション科は人手不足が予測され、医師の需要が増すことでしょう。

今後、長い目で見たときに医師として活躍するには、需要の強い科目・診療報酬が下がりにくい科目・自由診療の美容外科なども視野にいれると医師としてのキャリアに可能性の幅が広がります。

 

最初にハッキリと自分の意見を伝えないと、転職は失敗に向かっていきます。

さて、話を転職のコツに戻します。転職で失敗しないために大事なことは、黙っていても複数社からメールで情報を送ってもらえる状態を構築することです。

希望条件がいくつか固まっている方は、各条件の優先順位も添えて、必ず最初にやりとりするタイミングで担当者に伝えましょう。

あなたの要望に合った非公開・好条件の求人情報があれば、専任の担当者がついて随時メールで送ってくれるようになるはずです。

するとメールボックスがあなた専用の求人リストになっていき、求人サイトをわざわざ見に行かなくても自分だけの求人情報を確認できるという理想的な状態に。

これは賢い医師の方にとっては、もはや「定番の手法」です。とくに時間がない中で器用に転職活動を進める必要がある医師の方こそ、最低3社に登録して一気に求人を比較することができるこの方法がおすすめです。

中でも医師の満足度が高く、医師登録数が急増中の2社+人材大手かつ老舗の2社は、せっかくの「人生を変える好機」に、確かな情報を得る上で必ず登録しておきたいところです。

※下記ロゴをタップ(クリック)すると、公式サイトから登録が可能です。

医師特化・ロジカルな意見をくれる・
相談しやすい厳選求人サイト

さらに余裕があれば、伝えるべきこと。

「いい条件があれば、かなり前向きに動こうと考えています。
医師専門の求人サイトには御社含め3社登録していて、各社さんからご提案をいただける状況にしています。」

なぜ、これを言うべきなのか?

それは、各社からいい条件の求人情報が優先的に案内される「決まり文句」だからです。

人材会社の担当者も、医師を送客できなければ業績を上げることができません。

彼らにとって、適度に競争環境にあることを伝えてあげることも、成功の秘訣なのです。

そうすれば、きっと各社の担当者はあなたに優先して好条件の非公開求人を案内してくれることでしょう・・・。

注目!

急がない・わからない・今は情報収集だけ でもOK!

「自分がどんな状況を希望しているのかも整理できない」・「まずは情報収集から実施したい」という方もご安心を。

そんな気持ちもすべて、担当者にぶつけてみましょう。相手は何百人・何千人と医師の方と対話をしています。思わぬきっかけを提示してくれることもあります。

採用までの流れ

  1. STEP01
    求人サイトに登録
  2. STEP02
    相談・求人紹介
  3. STEP03
    面接・条件交渉
  4. STEP04
    勤務開始!

POINT

条件交渉・面接日時の調整などは各社の担当者が全て代行してくれます。

忙しくても自分のペースで求人探しや転職活動が可能。
面接・条件交渉を成功させるためにも、担当者にはハッキリと自分の希望を伝えておきましょう。

【2023年最新】
好条件求人が多い
医師求人サイトTOP5

 

登録から転職完了まで、
医師であるあなたには1円の負担もありませんのでご安心ください。

自分の市場価値、実際どんな職場・条件で働けるのか? をまずは知りましょう。

転職サイトは無料で使えるのに、使わない…?

本当だったら就職できたはずの良い職場を知ることなく、今の情報(損な環境かも…)だけで転職先を決めるなんて、あまりにも勿体ないことです。

自分の「現在地」がわかることは、明日からの自分の働き方・人生に良い変化をもたらしますよ。

医師特化!

極めて情報の質・量が良好な
大手3社には必ず登録しておきましょう。

エムスリーキャリア

医療人材系で最も規模が大きな上場企業。
登録する医師会員数が最多です。

公式サイトはこちら

マイナビDOCTOR

人材系老舗企業。最多の拠点数・大手の安心感。
医師の求人も充実。

公式サイトはこちら

リクルート
ドクターズキャリア

人材系の最大手で医師だけでも30年の歴史。担当の交渉力に期待。

公式サイトはこちら
医師専門!人材会社を検索する

転職サイトに一番求めるもの

公開求人数

利用者・会員数

該当 10

参考資料:厚生労働省「医師の需要推計について」,2018年4月12日(最終閲覧日:2021年9月8日)
参考URL:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000203368.pdf